レバ20倍・追証なしのビットコインFXはビットバンクトレード

キャピタルゲインフィーって何?

キャピタルゲインフィー(決済損失積立金)とは

キャピタルゲインフィーとは、BTCFX®で取引された建玉のうち、反対売買、途中決済、期日決済などの決済時に利益が出た場合のみ、その利益に対して、0.2%が徴収されるものです。(損失が出た場合は、徴収されません)
このキャピタルゲインフィーは、ビットバンク社が相場急変時のロスカット時に被る相場変動損失を防ぐためのもので、決済損失積立金として充当されます。

<例1>
250$で10枚 新規建を行い、1回、途中決済を通過し、期日まで建玉を持ち越し、期日決済を迎えた場合

キャピタルゲイン-例1

新規建 途中決済(値洗い) 期日決済
価格 250$ 240$ 255$
枚数 10枚 10枚 10枚
必要証拠BTC 0.5BTC
損益(手数料等差引前) −0.1667BTC +0.2451 BTC
取引手数料 最新の手数料は、こちらをご確認下さい。 最新の手数料は、こちらをご確認下さい。
キャピタルゲインフィー −0.0005 BTC

※途中決済、期日決済は、取引手数料はかかりません

キャピタルゲインフィーの効用

ビットバンクトレードでは、維持率が20%を割り込みますと、お客様の建玉を強制的に反対売買し、決済を行う、いわゆるロスカット制度を採用しています。この制度は、お客様の損失を、担保に供した証拠BTC以上に拡大させないために取られているものですが、このロスカットは自動で行われますので、決済価格は約定が成立するまで確定しません。
この過程において、万が一、担保に供した証拠BTC以上の損失が出てしまった場合でも、その損失分は、ビットバンク社が積み立てているキャピタルゲインフィー(決済損失積立金)から充当いたしますので、お客様は、証拠BTC以上の損失を負担する必要がない、という効用があります。

<例2>
相場の上昇を見越して買い建玉を保有していたが、意図に反して相場が下がり、ロスカットが発動した場合

キャピタルゲイン-例2

金融庁のホームページに記載された仮想通貨交換業者が取り扱う仮想通貨は、当該仮想通貨交換業者の説明に基づき、 資金決済法上の定義に該当することを確認したものにすぎません。金融庁・財務局が、これらの仮想通貨の価値を保証したり、推奨するものではありません。 仮想通貨は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。仮想通貨の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。 <仮想通貨を利用する際の注意点> 仮想通貨は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。 仮想通貨は、価格が変動することがあります。仮想通貨の価格が急落したり、突然無価値になってしまうなど、損をする可能性があります。 仮想通貨交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。当社は登録した仮想通貨交換業者です。 仮想通貨の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。 仮想通貨や詐欺的なコインに関する相談が増えています。仮想通貨を利用したり、仮想通貨交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法に御注意ください。

関東財務局長(仮想通貨交換業者)登録番号 第00004号 / 一般社団法人 日本仮想通貨事業者協会 加入

BTCFX®はビットバンク株式会社の登録商標です

©bitbank, Inc. All Rights Reserved.