BTCFX(ビットコインFX)の概要と取引の流れ・方法

BTCFX(ビットコインFX)

BTC FXは、BTCを対象として、将来のあらかじめ定められた期日に、現時点で定められた約定価格に基づき売買する取引(先物取引)です。

BTC FX取引では、相場が上昇すると考える場合は、「新規買注文」を行い、下落すると考える場合は「新規売注文」を行うことができます。

BTCFX取引概念図

BTC FX取引を行うには大きく分けると以下の4つのステップがあります。

  1. 口座間振替
    BTC FX用の口座にビットコインを移します。
  2. 新規注文
    買注文または売注文を行います。
  3. ポジション照会
    建玉の状況を確認します。
  4. 決済(反対売買)
    決済を行い損益を確定します。

口座間振替

BTC現物口座からBTCFX口座へ振替

  1. BTCFX取引を行うには、BTCFX口座にビットコイン(証拠BTC)を入れる必要があります。
  2. そのためにビットコインを現物口座からBTCFX口座へ移す操作(口座間振替)を行います。

BTCFX準備 口座間振替

  1. 「振替指示」欄の「現物口座→FX口座」を選択します。
  2. 「現物口座BTC振替可能数量」を確認します。(振替可能な上限BTC数量となります)
  3. 「振替数量」を入力します。
  4. 取引パスワードを入力し、「振替予約」ボタンを押します。

準備:振替の確認

  1. 振替予約が行われると、下部にある「振替履歴」に現在の状態が表示されます。
    BTCFX準備 口座間振替の確認
  2. 「受付日時」は、振替予約が行われた日時を表します。
  3. 「振替区分」は、「現物口座→FX口座」か「FX口座→現物口座」どちらかかが表示されます。
  4. 「振替数量(BTC)」は、振替依頼したBTC数量が表示されます。
  5. 「ステータス」は、「受付待」は振替処理が未完了の状態を、「承認済」は振替処理が完了している状態を表します。
  6. 「承認済」になると、証拠BTCとしてFX口座に反映されます。BTC FX取引の準備は完了です。
※ 振替処理は通常10分以内に口座に反映されますが、状況により遅れる場合もあります

BTC FX 新規注文

新規 買・売の注文を行うには、メニューバー「トレード」>「BTC FX取引」をクリックします。
相場が上昇すると考える場合は、「新規買注文」を行い、下落すると考える場合は「新規売注文」を行います。

BTCFX 新規注文

機能説明

  1. 「BTC FX」の取引商品は、取引期限の異なる3つの商品があります。この中から、取引する商品を選択します。
  2. 「保有資産概要」で、口座間振替をした証拠BTC(受入証拠:฿ XXXX)が反映されているか確認できます。
  3. 「新規建余力(BTC)X枚」は、新規買いのできる最大枚数になります。
  4. 最大枚数は、証拠BTC額や保有建玉等の状況により自動計算されて表示されます。
  5. 1回の「新規買い・売り注文」に1枚または複数枚を使った注文を行うことができます。

注文方法説明

  1. 右側の気配値、売買板を確認し、注文の内容(価格、数量など)を決定します。
  2. 「執行条件」で、「指値」か「成行」を選択します。「指値」を選択した場合は、価格を指定することができ、「成行」を選択した場合は、最良価格による執行となります。
  3. 「数量」で、希望する購入枚数を指定します。
  4. 「必要BTC数量」で、発注するために必要な証拠BTCの数量確認を行います。
  5. 「手数料」で、取引に必要な手数料(単位:BTC)を確認します。

    ※ 手数料は保有資産から差し引かれます。
  6. 内容を確認の上、「取引パスワード」を入力し、「新規買注文(赤いボタン)」もしくは「新規売注文(青いボタン)」を押し、注文を発注します。
  7. 発注した内容で取引が成立すると、注文一覧に「約定」として表示されます。

ポジション照会

建玉の状態確認

「新規買・売」を行い約定した建玉は、相場の状況によって、含み損益が発生しますので、建玉の状況は頻繁に確認されることをお勧めします。

  1. メニューバー「トレード」>「ポジション照会」をクリック。

    BTCFX ポジション照会

証拠BTC状況

  1. 「証拠BTC状況」欄では、現在のBTC FX口座の状態がまとめて表示されます。
  2. 「受入証拠BTC」とは、FX口座に振替たBTCの総量を表示しています。
  3. 「必要証拠BTC」とは、現在すでに保有している建玉に必要とされるBTC数量を表示しています。
  4. 「必要証拠BTC(新規注文中)」とは、現在注文中の建玉を保有するために必要なBTC数量を表示しています。
  5. 「評価損益」とは、現在の建玉の評価損益を表示しています。単位はBTCになります。含み益が出ている場合は赤字で、含み損が出ている場合は青字で表示されます。
  6. 取引余力とは、必要証拠BTC、評価損益、手数料を反映した口座資産内の実質的な余剰資産を指します。 なお、取引余力の金額により発注可能となる注文数量が決まります。
  7. 「維持率」とは建玉を建てるために必要な証拠BTC数量に対して占める純資産額の割合を指します。維持率=((取引余力BTC+必要証拠BTC)/必要証拠BTC)×100。
  8. 「アラート率」:維持率が低下していることを警告するレベル。 設定値は、サービスサイト内 「BTC FX >ポジション照会の証拠BTC状況」欄にて確認可能であり、それを下回ると、メールにてその旨を通知いたします。この数値は、任意に変更される可能性があります。
  9. 「ロスカット率」:維持率が低下し、全てのポジションを強制決済されるレベル。設定値は維持率の20%(2015年7月21日現在)とし、この数値は任意に変更される可能性があります。 最新数値は、サービスサイト内 「BTC FX >ポジション照会の証拠BTC状況」欄にて確認可能なので、常にご確認ください。それを下回ると、強制反対売買が執行され、ポジションは決済されます。

建玉状況

  1. 「買建玉」「売建玉」とは、現在保有・注文中のそれぞれの建玉枚数が表示されます。なお、この枚数には、現在注文中のものも含まれ、現在注文中の建玉枚数に関しては( )内で表示されます。

建玉一覧

  1. 建玉一覧で、現在の保有建玉ごとの評価損益などが確認できます。
    BTCFX ポジション照会(建玉一覧)
  2. 「建玉種類」では、「商品ごと」「売買ごと」に、保有建玉を表示します。
  3. 「数量(枚)」では、保有している建玉の枚数を表示します。なお、返済中(反対売買)の建玉に関しては( )内に表示されます。
  4. 「現在値(USD)」では、当該商品の現在の取引最新価格が表示されます。なお、現在値の詳細情報に関しては、下段の「時価情報」の欄からご参照いただけます。
  5. 「平均単価(USD)」では、保有当該商品を平均でいくらの価格で保有しているか、を表示しています。
  6. 「決済注文」では、保有当該商品の反対売買による決済(買建玉の場合は「売決済」、売建玉の場合は「買決済」)へのリンクを表示しています。このリンクを押下すると、決済入力ページにリンクします。
  7. 「新規注文(グリーンのボタン)」を押下すると、新規買・売の入力ページにリンクします。

BTC FX 決済(反対売買)

新規買・売した建玉は、その商品の期日までに反対売買による決済を行うことが基本となります。(期日までに決済をしない場合は、最終売買日に決定する清算値によって、強制決済されます)

  1. メニューバー「トレード」>「ポジション照会」をクリック。
  2. 決済(反対売買)を行う商品に対応する「決済注文」列の「買決済」もしくは「売決済」ボタンを押下します。
    BTCFX決済(反対売買)
  3. 決済注文画面で、「新規買・売」注文時と同様に、「執行条件(指値・成行の選択)」「注文価格(希望決済価格の入力)」「数量(希望決済枚数)」を入力します。
  4. 「決済損益」では、入力した数値で決済された場合の損益(BTC)が表示されます。
  5. 「キャピタルゲインフィー」は決済による損益が「益であった場合」、その実現益に対し、所定の比率が決済損失積立金に充当されるために差し引かれます。「損であった場合」は、キャピタルゲインフィーは徴収されません。
  6. 内容を確認し、問題がない場合は、取引パスワードを入力し、「買決済注文」もしくは「売決済注文」ボタンを押下します。
  7. 発注の内容は、下段の「注文一覧」にてご確認いただけます。。